【2020?新作】 【京都製 錺金具】笹金具 2.5寸用銅地に本金鍍金(メッキ)【配送区分:h】宅配便のみ・一部地域除き||送料無料|| [打鋲付] L字orT字(丁字)-その他

ROSIO ロシオ かかとのない健康シューズ なめらかタイプ ロシオゴールド・MS グレー 22.5cm

のん、初舞台「私の恋人」ゲネプロダイジェスト映像公開。12月30日にTV放送も。

私の恋人

のプレビュー公演を皮切りに、9月8日の千秋楽まで上演された、音楽劇「私の恋人」。女優・のん自身初の舞台出演ということで話題になった本作が、12月8日に衛星劇場で初放送となり、そして12月30日午後7時より再放送される。本記事では、8月28日に東京・本多劇場で行われた関係者向けゲネプロ公演よりダイジェスト映像をお届け。

スマホケース 手帳型 全機種対応【両面デコ】iPhone11 Pro iPhone XS Max iPhone XR iPhone11ケース GALAXY S20 S10 + XPERIA 1 10 II 5 XZ3 カバー スワロフスキー デコ かわいい デコ ケース カバー キラキラ -トイプードル&肉球 わんちゃん 犬-

12月27日(金)、都内にて、劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』の初日舞台挨拶が行われ、佐倉綾音(速杉ハヤト役)と池添隆博監督が登壇。会場に集まったファンと一緒に「超進化!シンカリオンクイズ」を実施。会場内の子どもたちと“かつて子ども”だった大人たちも大盛り上がりとなった。(動画&フォト)












■笹金具(ささかなぐ)とは
橋の欄干や、社寺建築の高欄(手すり)部分に使用する釘隠し用の装飾用金具。楔の頭や木を組んだほぞ穴などを隠すために用いられていたが、近年は装飾目的で取り付けられることもある。両方に剣先のある紡錘形が、笹の葉のような形であるため笹金具と呼ばれる、欄干金具のひとつ。
笹金具は紡錘形のものを「一文字」と呼ぶのに対し、一文字の半分を断ち落したような形の、縦の柱と横の鉾木をつなぐように設置するための形を「半笹(または半文字)」と呼ぶ。他にも、使用する場所や用途によって十文字・T字(丁字)・L字などが存在する。


――――――――
笹金具の成型方法について
――――――――
打物とは一枚の板金から槌やプレス型で形を打ち出して成型するもののことをいい、京都製錺金具としてご紹介するこれらの笹金具は、水平軸や垂直軸の微妙なアールを職人の手仕事でひとつひとつお作りしています。
ご注文の際は、必ず金具を取付ける材の直径をおしらせ下さい。


――――――――
設置方法
――――――――
設置場所にあらかじめ下穴を開け、当て布などをして変形しないように木槌で打ち込みます。
また、釘穴からの緑青吹きや錆の発生が設置後まもなく起こった場合、建材の材木自体に塩分が残留している可能性がございます。その場合、金具を新しいものに変えたとしても、材から染み出る湿気と塩分のせいで何度でも腐食します。
金具をいったん取り外して長押材の打ち込み部分に埋木を施すなどの施工が必要になりますので、そういった場合は建築業者とご相談下さい。
【ご注意下さい】
異なる金属同士を接触させると、湿気・水気が電解水となって高電位の方の接触部に激しい腐食(異種金属接触腐食)が起こります。
共金具でない施工にはくれぐれもご注意下さい。



材質銅地に本金メッキ
寸法2.5寸用
免責手造品につき寸法や模様に些少のばらつきが生じる場合がございます。また、表面のくぼみや裏面の赤っぽいものは、サビなどではなく色揚げの際のコーティング液等の色ムラです。
手造品の特徴としてご了解の上ご購入下さい。

【錺金具 錺金物 飾り金具 釘隠し 飾り釘 懸魚 外装金具 内装金具 建築金具 社寺建築 寺社建築 寺院建築 寺院用 お寺用 神社用 お宮用 厨子 本殿 蔵 和風建築 日本建築】

水橋研二・瀧内公美が演じるある家族の形。映画『カゾクデッサン』劇場公開決定&ポスタービジュアル解禁

カゾクデッサン

家族の多様な絆を照射する、水橋研二、瀧内公美出演による映画『カゾクデッサン』が、(土)より新宿 K's cinema ほか全国順次公開することが決定した。合わせてポスタービジュアル、キャスト・監督のコメントも到着。(劇中カットあり)

アルミ プロセレクト 外輪鍋(目盛付) 42cm 【メイチョー】

国内で最も権威と実績、歴史のある映画賞「第74回(2019年)毎日映画コンクール」の各賞のノミネート作品、ノミネート者が決定した。「火口のふたり」と「蜜蜂と遠雷」が最多8ノミネート、次いで「半世界」が7ノミネート、「カツベン!」「ひとよ」は5ノミネート、「宮本から君へ」が4ノミネートなど、今年を代表する話題作、秀作、力作、優れた映画スタッフらが揃った。発表は来年1月下旬となる。

【ライブレポート】H ZETT M「ピアノ独演会」2019年を大阪で締めくくる

ピアニストH ZETT M(エイチ・ゼットエム)がピアノ一台のみを使い、即興性の高い、どう展開していくか予想もつかない演奏を繰り広げるコンサート「ピアノ独演会」の今年最後となる「ピアノ独演会2019冬 -大阪クリスマスSPの陣-」がクリスマスイブの12月24日、大阪市中央公会堂で開催された。

のん、自身が監督&編集MV「クリスマスソング」公開。今度は幼少期の自分とコラボ。

のん

女優、創作あーちすと の「のん」が12月14 日(土)に自身の音楽レーベル「KAIWA(RE)CORD」よりサプライズ配信したデジタルシングル『クリスマスソング』のMVがクリスマスイブの深夜0時に公開した。

ミュージシャン、画家、詩人、カルト的人気を誇る友川カズキを追ったドキュメンタリー映画公開決定

ミュージシャン、画家、詩人としてカルト的人気を誇る友川カズキを追ったドキュメンタリー映画『どこへ出しても恥かしい人』が、2月1日(土)より新宿 K’s cinema にて公開することが決定した。10年前に撮影したものの、その先に一歩も進めなかったという本作の佐々木育野監督のコメントも届いた。(場面写真あり)

のんフェス2 へ”チリヌルヲワカ”参戦決定

のんフェス2

開催「NON KAIWA FES vol.2」(通称のんフェス2)の参加アーティスト第3弾としてチリヌルヲワカの出演が決定した。同時に、のん、ユウ(チリヌルヲワカ)からのコメントも到着。

MOOSIC LAB 2019 長編部門グランプリは「眠る虫」、「眉村ちあきのすべて(仮)」は観客賞ほか4冠。各賞決定

11/23~12/21にK's cinemaとアップリンク吉祥寺で開催され、大盛況のうちに終わった音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2019」の長編部門・短編部門のグランプリほか各賞がLOFT9 Shibuyaで開催のクロージングイベントで発表された。

『いくつもの片隅に』ぴあ映画初日満足度&Filmarks満足度第1位

いくつもの片隅に

12月20日(金)に公開となった『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』。初の週末となる12月20日(金)、21日(土)、22日(日)の週末興行成績は2,350万270円、動員は1万6,181名。100館以上の大作がひしめく中、2016年公開の前作より21 館少ない42館でのスタートとなったが、動員ランキングは14位に食い込むなど小規模ながら好調なスタートを見せている。

稽古場歌唱披露!稽古だけの貴重なシーンも。新生『デスノート THE MUSICAL』

12月22日、都内スタジオにて、『デスノート THE MUSICAL』の稽古場歌唱披露&取材会が行われ、甲斐翔真(夜神月 役/Wキャスト)、村井良大(夜神月 役/Wキャスト)、髙橋颯(エル 役)、吉柳咲良(弥海砂 役)、パク・ヘナ(死神レム 役)が本番さながらに歌唱を披露した。(動画&フォト)

市川染五郎×杉咲花出演&公開日決定。劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』

劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』が、(金)に松竹配給で公開が決定した。本作のキャストに、初映画、初主演、声優初挑戦となる市川染五郎、そして実力派若手女優杉咲花の出演も決定。また、あわせてティザービジュアルも解禁となった。

帝都メルヒェン探偵録~幽霊屋敷のブレーメン~

第6回ネット小説大賞グランプリ受賞作「帝都メルヒェン探偵録」が舞台化され、より上演される。主演は、ミュージカル初主演となる冨森ジャスティン(「ハイキュー!!」)。渡部大稀とW主演となる。

すずさんとリンさんが思い出話に花を咲かせる。3年ぶりに監督&キャスト再集結!『いくつもの片隅に』公開記念舞台挨拶

トラスコ グランカート 平台車 4輪自在リングストッパー付 (1台) 品番:TP-715JRS-4

12月21日(土)、テアトル新宿にて、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の公開記念舞台あいさつが行われ、主役の北條すず役・のん、細谷佳正、尾身美詞、潘めぐみ、岩井七世、新谷真弓、牛山茂、片渕須直監督が登壇した。2016年公開版から、3年ぶりの監督&キャスト再集結という形だ。(ビデオ&フォトギャラリー)

ドリカム30年の「おいしい! たのしい! 大好き!」を集めたコラボカフェ登場

にグランドオープンした渋谷パルコ6Fに開業したTOKYO PARADE goods&café。第二弾企画は、今年デビュー30周年を迎えたDREAMS COME TRUEとのコラボ、“ドリカムガーデンカフェ&ショップ”が登場する。

12月20日日本公開、第90回アカデミー賞®長編アニメ映画賞ノミネート作品『ブレッドウィナー』のメイキング映像&特別映像のご紹介です。メイキング映像では、絵コンテからレイアウト、背景、原画、動画、色指定と工程が進み、アニメーションになるまでが収録されている。